鹿児島県の指定・選択無形民俗文化財総数(指定・選択の重複あり) 調査中
国指定重要無形民俗文化財  7件 (資料更新日 2009年3月12日)
001 甑島のトシドン(風俗慣習)
年の折り目に神が来臨し、人間に祝福を与えるという趣旨の行事は全国的に分布を見るが、甑島のものほど古態をとどめている事例は珍しく、我が国古来の民間信仰の形態を伝承する一典型例としてきわめて重要。
12月31日
鹿児島県薩摩川内市
002 南薩摩の十五夜行事(風俗慣習)
十五夜の大綱は、長さ百メートル余にわたることが珍しくない。夜にこの聖なる大綱を子供組が裸で綱引きをする。また、子供組による十五夜踊りが坊津町や知覧町に伝承されている。
旧暦8月15日
枕崎市,川辺郡知覧町,南さつま市
003 市来の七夕踊(民俗芸能)
前踊として作り物の鹿、虎、牛、鶴などの大張子や琉球王、大名、薙刀踊などの一行が列をなし、次に本踊としての太鼓や鉦を持った太鼓踊が続き、ついで後踊として薙刀踊が続く。
七夕の日
鹿児島県日置郡市来町大里
004 秋名のアラセツ行事(風俗慣習)
奄美から沖縄にかけては、旧暦八月の収穫の時期に最も盛大な行事が行われる。稲の収穫を終わり、収穫を感謝し、翌年の豊作を祈るものでアラセツの語はその意味をよく示している。奄美のアラセツは、グジ(男の神役)が山で、ノロ(女の神役)が海に向かって稲魂を招く。
旧暦8月の初丙の日
鹿児島県大島郡龍郷町秋名
005 与論の十五夜踊(民俗芸能)
島中の安穏、五穀豊穰、子孫繁栄等を願い奉納される、大和と沖縄の芸能の両要素に当地独特の風を加えた民俗芸能である。この十五夜踊は、最初に雨乞いの願いをこめて『アミタボウリ(雨賜ぼうり)』という踊りがあり、以下風流踊りと狂言を交互に演じる。
旧暦3月15日
旧暦8月15日
旧暦10月15日

地主神社(与論町字城)で行われる豊年祭
006 諸鈍芝居(民俗芸能)
地狂言(村芝居・村踊)の一種で、近世の小歌踊などの影響も受け入れ、さらに当地風に整備した芸態は、地方的特色も顕著である。踊、狂言、人形などの芸能構成やその芸態には古歌舞伎を思わせる。
旧暦8月15日
鹿児島県大島郡瀬戸内町諸鈍の十五夜祭
007 東郷文弥節人形浄瑠璃(民俗芸能) 鹿児島県薩摩川内市
国選択無形民俗文化財  17件資料更新日 2009年3月12日)
001 芭蕉布の紡織習俗(風俗慣習) 鹿児島県
002 種子島のまるきぶねの製作習俗(風俗慣習) 鹿児島県
003 甑島の葛布の紡織習俗(風俗慣習) 鹿児島県
004 市来の七夕踊(民俗芸能)
部落の開田者床濤到住の霊を慰めるために行なわれるのだとの伝承もあり、一方作り物は動物の精霊を示すものと考えられることなどから、これは七夕の日の踊とはいえ、亡き霊を供養する盆行事の前祭りの性格もうかがわれる。
七夕の日
鹿児島県日置郡市来町六里
005 種子島宝満神社のお田植え祭(風俗慣習) 鹿児島県日置郡市来町六里
006 諸鈍芝居(民俗芸能)
地狂言(村芝居・村踊)の一種で、近世の小歌踊などの影響も受け入れ、さらに当地風に整備した芸態は、地方的特色も顕著である。踊、狂言、人形などの芸能構成やその芸態には古歌舞伎を思わせる
旧暦8月15日
鹿児島県大島郡瀬戸内町諸鈍の十五夜祭
007 与論の十五夜踊(民俗芸能)
島中の安穏、五穀豊穰、子孫繁栄等を願い奉納される、大和と沖縄の芸能の両要素に当地独特の風を加えた民俗芸能である。この十五夜踊は、最初に雨乞いの願いをこめて『アミタボウリ(雨賜ぼうり)』という踊りがあり、以下風流踊りと狂言を交互に演じる。
旧暦3月15日
旧暦8月15日
旧暦10月15日

地主神社(与論町字城)で行われる豊年祭
008 平瀬マンカイ(民俗芸能)
新節は、稲の収穫を折り目に節が改まる、いわゆる“節替わり”で、農村の昔の正月である。このとき、村々では神を迎えて豊年感謝と来年の収穫祈願を兼ねての祭儀を営なむが、秋名では、この日、海のかなたのネラヤの国から稲霊を招くといって、祭祀の中心となるノロが海岸の神平瀬(神聖な厳石)に立ち、また村の有志が神平瀬に相対するめらべ(女童)平瀬に立って、互いに歌をかけ合わせ、また両手を高くかざして揺らめかしながら、神を招き寄せる所作をする。
旧暦八月の新節の日
鹿児島県大島郡竜郷村秋名に伝承されるもの
009 現和の種子島大踊(民俗芸能)
風流系の太鼓踊の一種で、種子島に数多く分布するこの地方独特の芸能である。胸に大太鼓をかけた二十数人の踊り手が中心になるが、他に、入れ鼓、鉦、鉄砲、弓、刀の諸役が加わり、入れ鼓、鉦の役の歌につれて、一同豪快な踊を展開する。
3月27日
10月27日

鹿児島県西之表市現和
010 吉左右踊・太鼓踊(民俗芸能)
白狐と赤狐に扮したドラ打二人、踊子十人以上二十人以下で、道楽と庭おどりがある。続いて太鼓踊となる。道おどり、あんね、庭おどりがある。鉦打ち四人、ホタ振り(総指揮の格)一人、太鼓(踊り子)二十人以上、小鉦打ち数人(幼児)が出演する。
毎年8月16日・17日
春日神社に集合し、仮屋馬場、菅原神社、精矛神社、諏訪神社の順に奉納される
鹿児島県姶良郡加治木町西別府
011 大浦町の疱瘡踊(民俗芸能) 鹿児島県川辺郡大浦町宮園
鹿児島県川辺郡大浦町永田
012 東郷人形浄瑠璃(民俗芸能)
かつては近隣の南瀬郷、高城郷にも同種の人形芝居が伝えられていたが、今は斧渕にだけ残っている。語りは、三味線・小太鼓・拍子木を伴奏とし、演目には「源氏烏帽子折」をもととして、「常磐御前雪の段」「鞍馬下りの段」などがあり、また「門出八島」「出世景清」などが演じられたというが、いまは「常磐御前雪の段」だけしか演じられなくなってしまった。
鹿児島県薩摩郡東郷町斧渕
013 薩摩の水からくり(民俗芸能)
水車を動力源にして人形を動かし、一場の芝居を演じさせるからくり人形である。ゼンマイ仕掛けや糸操り、花火仕掛け等のからくり人形は全国各地に伝え残されているが水力を利用したものは極めて稀である。
毎年7月23日
竹田神社(鹿児島県加世田市)の祭礼

毎年7月9日
豊玉姫神社(鹿児島県川辺郡知覧町)の祭礼
014 種子島南種子の座敷舞(民俗芸能)
種子島の南端の南種子町では結婚式や新築祝、その他の祝の席で種々の舞が行われてきている。これらは、その席の皆が手拍子を打ってはやすなかで、なかの一人が歌いつつ即興的に演じるもので、歌詞は地元の種子島の言葉をふんだんに含み、特に擬態語にその特色がある。
1月14日・15日の夜
小正月に「蚕舞」とよばれる芸能が行われる
鹿児島県熊毛郡南種子町
015 加治木のくも合戦の習俗(風俗慣習)
試合は土俵にあたる棒(ヒモシ)の上で一対一で行われる。勝敗を見分けるのは「行司」の役目で、相手のくもを追い落として糸を切ったとき、腹にかみついたとき、体に糸をからめたときに勝敗が決まり、闘志なく逃げたくもも負けとする。また、互いに闘志を示さないときには砂を振りかけたり、相手に噛みついたときには息を吹きかけて分けるなどの采配をする。
毎年5月5日に近い日曜日
鹿児島県姶良郡加治木町
016 ヨッカブイ(風俗慣習)
カネの連打の中で、オオガラッパたちが土俵のまわりで奇声をあげ、若い女性や小さな子どもたちをカマスに入れて土俵に連れ込もうとして騒然となる。この間にコニセたちは全員の組み合わせ相撲をして、三人抜き、五人抜きの相撲をとる。次にコニセにオオガラッパも加わり、土俵を中心に薩摩訛の相撲甚句を早口で歌いながら十八度踊りを踊る。 次に行司は鎮西八郎為朝が太刀ケ関に弓を譲ったとの口上を述べ、太刀ケ関による弓取りが行われて、ヨッカブイの行事は終了する。
8月22日
午前9時30分頃:大河童に扮して、二、三人ずつ集落内を巡る
午前10時ごろ、高橋公民館前の
土俵で十八度踊りを演じ、玉手神社(鹿児島県南さつま市高橋)に向かう
017 薩摩の馬踊りの習俗(風俗慣習)
鹿児島県下では、小型の俵に御幣や幟、造花、玩具の振り太鼓などを刺して飾った鞍を置き、胸に鈴を帯状に付けた飾り馬を、三味線や鉦・太鼓の囃子に合わせて踊らせ、多数の踊り子がこれに続いて踊る、馬踊りまたは鈴掛け馬と呼ばれる行事が各地に伝承されている。
旧暦1月18日の次の日曜日
鹿児島神宮(鹿児島県姶良郡隼人町)の初午祭
1月19日
稲荷神社(姶良町鍋倉)の十九日の馬
1月20日
八幡神社馬櫪神(蒲生町)の二十日の馬
県指定無形民俗文化財  53件
001 吉左右踊・太鼓踊 動画
002 鷹踊 動画
003 羽島崎神社春祭に伴う芸能(田打,船持祝) 動画
004 深田神社春祭に伴う芸能(田打) 動画
005 南方神社春祭に伴う芸能(田打) 動画
006 野田町熊野神杜の田の神舞 動画
007 高尾野町の兵六踊 動画
008 菱刈町の錫杖踊 動画
009 野田町の山田楽 動画
010 入来町の庖瘡踊 動画
011 新田神杜の御田植祭に伴う芸能(奴踊,棒踊) 動画
012 出水市の種子島楽 動画
013 阿久根市波留南方神社の神舞 動画
014 久見崎盆踊(想夫恋) 動画
015 菱刈町湯之尾神社の神舞 動画
016 霧島神宮のお田植祭り 旧暦2月4日、霧島神宮 動画
017 甑島の内侍舞 動画
018 東郷文弥節人形浄瑠璃 動画
019 川辺町上山田太鼓踊 動画
020 士踊(稚児踊,二才踊) 動画
021 大浦町の庖瘡踊 動画
022 鹿児島市中山町の虚無僧踊 動画
023 大田太鼓踊 動画
024 津貫豊祭太鼓踊 動画
025 吹上町の伊作太鼓踊 動画
026 知覧の十五夜そらよい 動画
027 吹上 大汝牟遅神社の流鏑馬 動画
028 十島村悪石島の盆踊り 動画
029 三島村硫黄島の八朔太鼓踊り 動画
030 三島村硫黄島の九月踊り 動画
031 伊集院町徳重大バラ太鼓踊り 動画
032 山宮神社春祭に伴う芸能(田打,カギヒキ,正月踊) 串良町細山田 動画
033 山宮神社春祭に伴う芸能(カギヒキ,正月踊) 志布志町安楽 動画
034 高山町本町の八月踊 9月第4土曜日高山町本町 動画
035 蓬原熊野神社の神舞 動画
036 末吉 住吉神社の流鏑馬 動画
037 高山 四十九所神社の流鏑馬 動画
038 大隅町岩川八幡神社の弥五郎どん祭り 動画
039 志布志町田之浦山宮神社のダゴ祭り 動画
040 末吉町熊野神社の鬼追い 動画
041 源太郎踊 動画
042 西之表市現和の種子島大踊 動画
043 西之表市横山の盆踊 動画
044 南種子町平田の座敷舞 動画
045 南種子町平山の蚕舞 動画
046 西之表市の面踊 動画
047 秋名のショチュガマ及びヒラセマンカイ 動画
048 油井の豊年踊り 動画
049 上平川の大蛇踊り 動画
050 西之表栖林神杜の大的始式 動画
051 宝満神社のお田植え祭り 動画
052 徳之島町井之川夏目踊り 動画
053 古田獅子舞 動画
県選択無形民俗文化財  0件
市町村指定無形民俗文化財  調査中
001 動画
002 動画
003 動画
004 動画
005 動画
006 動画
007 動画
008 動画
009 動画
010 動画
011 動画
012 動画
013 動画
014 動画
015 動画
016 動画
017 動画
018 動画
019 動画
020 動画
021 動画
022 動画
023 動画
024 動画
025 動画
026 動画
027 動画
028 動画
029 動画
030 動画
031 動画
032 動画
033 動画
034 動画
035 動画
036 動画
037 動画
038 動画
039 動画
040 動画
041 動画
042 動画
043 動画
044 動画
045 動画
046 動画
047 動画
048 動画
049 動画
050 動画
111 動画
112 動画
113 動画
114 動画
115 動画
116 動画
117 動画
118 動画
119 動画
120 動画
121 動画
122 動画
123 動画
124 動画
125 動画
126 動画
127 動画
128 動画
129 動画
130 動画
131 動画
132 動画
133 動画
134 動画
135 動画
136 動画
137 動画
138 動画
139 動画
140 動画
141 動画
142 動画
143 動画
144 動画
145 動画
146 動画
147 動画
148 動画
149 動画
150 動画
151 動画
152 動画
153 動画
154 動画
155 動画
156 動画
157 動画
158 動画
159 動画
160 動画
161 動画
162 動画
163 動画
164 動画
165 動画
166 動画
167 動画
168 動画
169 動画
170 動画
171 動画
172 動画
173 動画
174 動画
175 動画
176 動画
177 動画
178 動画
179 動画
180 動画
181 動画
182 動画
183 動画
184 動画
185 動画
186 動画
187 動画
188 動画
189 動画
190 動画
191 動画
192 動画
193 動画
194 動画
195 動画
196 動画
197 動画
198 動画
199 動画
200 動画
201 動画
202 動画
203 動画
204 動画
205 動画
206 動画
207 動画
208 動画
209 動画
210 動画
211 動画
212 動画
213 動画
214 動画
215 動画
216 動画
222 動画
無断転載を禁じます