指定・選択無形民俗文化財掲載数(指定・選択の重複あり) 調査中
国指定重要無形民俗文化財  9件 (資料更新日 2009年2月21日)
001 涌出宮の宮座行事(風俗慣習) 2月15〜17日三座饗応の儀、御田の式、野塚祭りなど
3月21日
女座の祭り
9月30日
あえの相撲
10月16・17日
百味の御食
涌出宮(京都府相楽郡山城町)
002 嵯峨大念仏狂言(民俗芸能)
京都で円覚十万上人が遊戯即念仏の妙理を広めるために始めたという三大念仏狂言(壬生・嵯峨・千本)の一つであり、狂言の演じられる大念仏会は能の「百万」という演目にも扱われている由緒あるもので、この狂言の歴史の古さが知られる。 
3月15日
清凉寺(京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町)の狂言堂
嵯峨釈迦堂
003 壬生狂言(民俗芸能)
壬生寺中興の祖、円覚上人が融通念仏を修し、その念仏の意味を大衆にわかり易く説明するために仕組んだのがその始まりという。能楽とくに狂言の変遷過程を知る上でも、我が国の芸能史上重要な地位を占めるものである。
4月21日〜29日
壬生寺(京都市中京区仏光寺坊城上る)大念仏会などの折に演じられる
004 田原の御田(民俗芸能)
田原の御田は、即興的なセリフのやりとりで進行して、かつての狂言の様子をうかがわせ、また古風な田植え歌とともに行われる田植えの次第によって芸能の変遷の過程を示し、一連の稲作作業のほとんどすべてを所作に仕組んでいるなど地域的特色を示すものとして特に重要である
5月3日の午前中
多治神社(船井郡日吉町字田原)の本殿前の約三間四方の拝殿で行われる。
005 やすらい花(民俗芸能)
やすらい花は、疫神を鎮める祭りであり、鎮花祭の意味あいももっている。鎮花祭とは、春の花が飛散する時、悪霊や疫神も共に飛び散って人々を悩ませるという言い伝えから、この時期に疫神を鎮めるために行われるようになり、後に次第に風流化し、人々は踊り狂いながら神送りをするようになったもので、稲の花が早く飛び散らないようにという農耕の予祝行事の意味あいも加わったとされる。 
5月15日
京都市北区上賀茂地区

4月10日?
006 京都祇園祭の山鉾行事(風俗慣習)
山鉾行事は、くじ取り、山建て、鉾建て、長刀鉾の稚児社参、宵山、山鉾巡行、祇園囃子など多彩な内容を含んでおり、ことに華麗な山鉾巡行の姿は人々の憧れの的となり、競って各地の祭礼行事に模倣された極めて重要なものである。 
7月1〜29日
7月17日山鉾巡行
八坂神社(京都市東山区祇園)
007 京都の六斎念仏(民俗芸能)
「京都の六斎念仏」は、念仏系の芸能のみならず、能楽系、歌舞伎系の芸能をも多く取り入れながら発達してきたものである。これらは京都を中心として生まれた地域的特色が顕著な念仏踊であり重要である。
8月上旬〜下旬(8、14、15、23、29、30の6日間)
京都内十五か所で伝承されている芸能である

京都六斎念仏保存団体連合会
梅津六斎保存会
吉祥院六斎保存会
空也念仏郡保存会
久世六斎保存会
小山郷六斎保存会
西院六斎念仏保存会
西方寺六斎念仏保存会
嵯峨町六斎念仏保存会
千本六斎会
中堂六斎会
壬生六斎念仏講中
上鳥羽橋上鉦講中
六波羅蜜寺空也踊躍念仏保存会
円覚寺六斎念仏講
桂六斎念仏保存会
008 久多の花笠踊(民俗芸能)
現在の久多の花笠踊は、大人が花笠を持って踊るが、大正末期から昭和初期までは、少年が頭に花笠をのせて踊り、その背後に少年の父や年長者が立ち、少年のかぶる花笠を支えながらともに踊ったといわれている。久多の花笠は、その中に明かりをともすいわゆる灯籠であり、このような灯籠を頭にのせて踊る「灯籠踊」は、京都を中心に一六世紀に流行した風流踊の一つで、久多の花笠踊は、その様子をうかがわせるものである。
8月24日の夜
各花宿から出発し、まず上の宮神社に集まる
次に大川神社に移動して踊り、志古淵神社に向かう。
009 松尾寺の仏舞(民俗芸能)
六人の仏は、同様に一八世紀の寺の記録によると、二体ずつの釈迦如来、大日如来、阿弥陀如来で、両手にばちを持つ仏が釈迦、振鼓とばちを持つ仏が大日、何も持たない仏が阿弥陀であるとされる。また音楽は、越天楽や五常楽とされるが、それらは現在の雅楽の同名曲とは異なっている。なお仏舞は、古代にインドから伝わった舞楽の「菩薩」と呼ばれた曲目に基づくものと考えられる。現在、「菩薩」は曲の一部が残るが、舞が、どのようなものであったか明らかではない。
毎年5月8日
松尾寺(京都府舞鶴市)の本堂の中

毎年五月八日に仏誕会いわゆる花祭を行い、そのときに仏舞が演じられている
国選択無形民俗文化財 10件 (資料更新日 2009年2月21日)
001 京都八坂神社の祇園祭(風俗慣習)
京都の祇園祭は、その歴史の古さ、山鉾巡行の豪華絢爛さ、多くの市民が約一か月にわたって多彩な行事を繰り広げる規模の大きさなど全国を代表する祭礼行事として世に知られ、現在各地でとり行なわれる六、七月ごろの祇園祭とか天王祭とかに多大な影響を与えてきたものであり、わが国夏祭の発生や変遷を知る上に欠かすことのできないものである。
7月1〜29日
7月17日山鉾巡行
八坂神社(京都市東山区祇園)
002 壬生狂言(民俗芸能)
壬生寺中興の祖、円覚上人が融通念仏を修し、その念仏の意味を大衆にわかり易く説明するために仕組んだのがその始まりという。能楽とくに狂言の変遷過程を知る上でも、我が国の芸能史上重要な地位を占めるものである。
4月21日〜29日
壬生寺(京都市中京区仏光寺坊城上る)大念仏会などの折に演じられる
003 久多の花笠踊(民俗芸能)
現在の久多の花笠踊は、大人が花笠を持って踊るが、大正末期から昭和初期までは、少年が頭に花笠をのせて踊り、その背後に少年の父や年長者が立ち、少年のかぶる花笠を支えながらともに踊ったといわれている。久多の花笠は、その中に明かりをともすいわゆる灯籠であり、このような灯籠を頭にのせて踊る「灯籠踊」は、京都を中心に一六世紀に流行した風流踊の一つで、久多の花笠踊は、その様子をうかがわせるものである。
8月24日の夜
各花宿から出発し、まず上の宮神社に集まる
次に大川神社に移動して踊り、志古淵神社に向かう
004 やすらい花(民俗芸能)
やすらい花は、疫神を鎮める祭りであり、鎮花祭の意味あいももっている。鎮花祭とは、春の花が飛散する時、悪霊や疫神も共に飛び散って人々を悩ませるという言い伝えから、この時期に疫神を鎮めるために行われるようになり、後に次第に風流化し、人々は踊り狂いながら神送りをするようになったもので、稲の花が早く飛び散らないようにという農耕の予祝行事の意味あいも加わったとされる。 
5月15日
京都市北区上賀茂地区

4月10日?
005 嵯峨大念仏狂言(民俗芸能)
京都で円覚十万上人が遊戯即念仏の妙理を広めるために始めたという三大念仏狂言(壬生・嵯峨・千本)の一つであり、狂言の演じられる大念仏会は能の「百万」という演目にも扱われている由緒あるもので、この狂言の歴史の古さが知られる。 
3月15日
清凉寺(京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町)の狂言堂
嵯峨釈迦堂
006 六斎念仏(民俗芸能)
「京都の六斎念仏」は、念仏系の芸能のみならず、能楽系、歌舞伎系の芸能をも多く取り入れながら発達してきたものである。これらは京都を中心として生まれた地域的特色が顕著な念仏踊であり重要である。
8月上旬〜下旬(8、14、15、23、29、30の6日間)
京都内十五か所で伝承されている芸能である

京都六斎念仏保存団体連合会
梅津六斎保存会
吉祥院六斎保存会
空也念仏郡保存会
久世六斎保存会
小山郷六斎保存会
西院六斎念仏保存会
西方寺六斎念仏保存会
嵯峨町六斎念仏保存会
千本六斎会
中堂六斎会
壬生六斎念仏講中
上鳥羽橋上鉦講中
六波羅蜜寺空也踊躍念仏保存会
円覚寺六斎念仏講
桂六斎念仏保存会
007 丹後の藤布紡織習俗(風俗慣習)
丹後半島には、藤の皮をはいで、糸を紡ぎ、藤布を織る技術・習俗が残存している。藤布紡織習俗は、かつては全国的に分布していたが、近代になって衣服原料の改変にともない、衰退にひんしている
宮津市上世屋
008 丹後の漁撈習俗(風俗慣習)
丹後地方沿岸は、内湾と外洋の漁法が多様で、かつ複合的に伝承されてきた地域であり、これらの漁撈を中心として、日本海西部沿岸地域の漁撈習俗が、比較的良好に残されてきた地域である。しかし、それらの伝承も、近年の漁撈技術の急速な発達や生活環境の変化の中で、年々消滅・変貌しつつある
丹後地方の沿岸
009 佐伯燈籠(民俗芸能)
神輿は稗田野神社から御霊神社に渡御した後、氏子区域内を巡行して、また稗田野神社に還御するが、この間役灯籠は神輿に供奉し続け、台灯籠は、御霊神社に到着した後は別行動をとり、かつては各所で人形浄瑠璃を演じる
8月14日
稗田野神社(京都府亀岡市稗田野町佐伯)の祭礼
010 田原のカッコスリ(民俗芸能)
多治神社の秋の祭礼の折りに、稚児を中心に、鼓や太鼓、笛の演奏者と踊り手が、踊り手の歌にあわせ踊るもので、中世に流行した風流踊の様子をうかがわせる。
0月15日以前の、それに近い日曜日
多治神社の秋の祭礼
祭礼の当日の午前中に神社社務所に関係者が集まり、衣裳をつけて社務所の座敷で踊る。その後、社殿での神事終了後に、拝殿の前の広場で踊り、御輿の行列とともに移動して、地区内の若宮社境内で踊り、さらに進んで御旅所に移動し、そこでも踊って終了する。
府指定無形民俗文化財 20件
001 田山花踊り 亀岡市 動画
002 鶏冠井題目踊り 動画
003 相楽の御田と正月行事 毎年1月17日 動画
004 矢代田楽 10月15日 動画
005 西教寺六斎念仏 動画
006 祝園の居籠祭 動画
007 岩船のおかげ踊り 動画
008 佐伯灯籠 動画
009 大井神社の立花行事 動画
010 西光寺六斎念仏 動画
011 田原のカッコスリ 動画
012 和知人形浄瑠璃 動画
013 丹波の漆かき 動画
014 籠神社の祭礼芸能 動画
015 丹後の藤織り 動画
016 宇良神社祭礼芸能 動画
017 菅野の神楽 動画
018 野中の田楽 動画
019 黒部の踊子 動画
020 舟木の踊子 動画
府選択無形民俗文化財 66件
001 亀岡祭山鉾行事 亀岡市 動画
002 山国隊軍楽 動画
003 大送神社の綱引き 毎年1月17日 動画
004 東一口のトンド 動画
005 宇治田原三社祭の舞物 動画
006 上狛の精霊踊 動画
007 仏生寺六斎念仏 動画
008 銭司の獅子舞・田楽・相撲 動画
009 和束のおかげ踊り 動画
010 飛鳥路の勧請縄行事 動画
011 小塩の上げ松 動画
012 樫原の田楽 動画
013 盛郷の上げ松 動画
014 殿の上げ松 動画
015 川合の上げ松 動画
016 芦生の松上げ 動画
017 田歌の神楽 動画
018 諏訪神社の祭礼芸能 動画
019 道相神楽 動画
020 犬甘野の御田 動画
021 出雲風流花踊 動画
022 牧山の松明行事 動画
023 質美の曳山行事 動画
024 上乙見の田楽 動画
025 小畑万歳 動画
026 於与岐八幡宮の祭礼芸能 動画
027 島万神社の太刀振・太鼓踊 動画
028 阿須々岐神社の祭礼芸能 動画
029 天座の田楽 動画
030 野条の紫宸殿田楽 動画
031 牧の練込太鼓 動画
032 奥榎原の練込 動画
033 河辺八幡神社の祭礼芸能 動画
034 小橋の精霊船行事 動画
035 城屋の揚松明 動画
036 神崎の扇踊 動画
037 東吉原の振物 動画
038 吉原の万灯籠 動画
039 平八幡神社祭の振物・神楽・三番叟 動画
040 河辺八幡神社祭の振物・神楽・三番叟 動画
041 蒲江の振物・踊り太鼓 動画
042 小倉のお松行事 動画
043 田中の三番叟、姫三社、徳若万歳 動画
044 大身のヤンゴ踊り 動画
045 額田のダシ行事 動画
046 上宮津祭の神楽・太刀振・奴 動画
047 大島の神楽・太刀振・踊 動画
048 後野の屋台行事 動画
049 木積神社祭の神楽・太刀振・笹ばやし 動画
050 八坂神社祭礼船屋台行事 動画
051 亀島の精霊船行事 動画
052 宇良神社延年祭 動画
053 蒲入の精霊船行事 動画
054 新井の太刀振・花踊 動画
055 三河内の曳山行事 動画
056 丹波の芝むくり 動画
057 五箇の三番叟 動画
058 周枳の三番叟、笹ばやし、神楽
動画
059 竹野のテンキテンキ 動画
060 遠下のちいらい踊り 動画
061 大山の刀踊り 動画
062 市野々の菖蒲田植 動画
063 甲坂の三番叟 動画
064 栃谷の三番叟 動画
065 河梨の十二灯 動画
066 布袋野の三番叟 動画
市指定無形民俗文化財 80件
001 嵯峨お松明 京都市 動画
002 賀茂競馬 京都市 動画
003 藤森神社駈馬 京都市 動画
004 鞍馬竹伐り会 京都市 動画
005 大文字送り火 京都市 動画
006 松ヶ崎妙法送り火 京都市 動画
007 船形万燈籠送り火 京都市 動画
008 左文字送り火 京都市 動画
009 鳥居形松明送り火 京都市 動画
010 花脊松上げ 京都市 動画
011 雲ヶ畑松上げ 京都市 動画
012 広河原松上げ 京都市 動画
013 烏相撲 京都市 動画
014 西ノ京瑞饋神輿 京都市 動画
015 北白川高盛御供 京都市 動画
016 太秦牛祭 京都市 動画
017 時代祭風俗行列 京都市 動画
018 鞍馬火祭 京都市 動画
019 千本えんま堂太念仏狂言 京都市 動画
020 神泉苑狂言 京都市 動画
021 松ヶ崎題目踊・さし踊 京都市 動画
022 鉄仙流白川踊 京都市 動画
023 修学院大日踊・紅葉音頭 京都市 動画
024 大原八朔踊 京都市 動画
025 上賀茂紅葉音頭 京都市 動画
026 八瀬赦免地踊 京都市 動画
027 木遣音頭 京都市 動画
028 おけらまいり 京都市 動画
029 日野裸踊 京都市 動画
030 蹴鞠 京都市 動画
031 久多宮の町松上げ 京都市 動画
032 岩倉火祭 京都市 動画
033 上賀茂さんやれ 京都市 動画
034 松尾大社御田祭 京都市 動画
035 市原ハモハ踊・鉄扇 京都市 動画
036 一乗寺鉄扇 京都市 動画
037 大田神社の巫女神楽 京都市 動画
038 広河原ヤッサコサイ 京都市 動画
039 一乗寺八大神社の剣鉾差し 京都市 動画
040 西院春日神社の剣鉾差し 京都市 動画
041 嵯峨祭の剣鉾差し 京都市 動画
042 梅ヶ畑平岡八幡宮の剣鉾差し 京都市 動画
043 上高野念仏供養踊 京都市 動画
044 木野愛宕神社の烏帽子着 京都市 動画
045 梅林寺ジジバイ講 京都市 動画
046 三栖の炬火祭 京都市 動画
047 小山の山の神 京都市 動画
048 久多の山の神・お弓 京都市 動画
049 大原上野町おこない・お弓 京都市 動画
050 平岡八幡宮の三役相撲 京都市 動画
051 鶏冠井シャナンボウ 日向市 動画
052 初寅の山の神まつり 城陽市 動画
053 大住隼人舞 京田辺市 動画
054 瑞饋神輿 京田辺市 動画
055 朔日講の神楽 京田辺市 動画
056 山本の百味と湯立 京田辺市 動画
057 亀岡祭山鉾行事 亀岡市 動画
058 太鼓おどり(テンテコテン) 綾部市 動画
059 ヒヤソ踊 綾部市 動画
060 福知山音頭と踊 福知山市 動画
061 御勝八幡宮紫宸殿田楽舞 福知山市 動画
062 愛宕神社三岳練込太鼓 福知山市 動画
063 三獄神社雨喜び三岳おろし 福知山市 動画
064 森尾神社三岳練込太鼓 福知山市 動画
065 天田踊 福知山市 動画
066 牧一宮神社祭礼行事 福知山市 動画
067 榎原神社の練込 福知山市 動画
068 天座の田楽 福知山市 動画
069 楊松明 舞鶴市 動画
070 地頭太鼓 舞鶴市 動画
071 大俣太鼓 舞鶴市 動画
072 吉原の太刀振 舞鶴市 動画
073 河辺八幡神社の祭礼芸能 舞鶴市 動画
074 落山神楽 宮津市 動画
075 漁師町の浮太鼓 宮津市 動画
076 上宮津祭の神楽・太刀振・奴 宮津市 動画
077 大島の神楽・太刀振・踊 宮津市 動画
078 丹波の芝むくり 京丹後市 動画
079 五箇の三番叟 京丹後市 動画
080 周枳三番叟・笹ばやし・神楽 京丹後市 動画
市選択無形民俗文化財 0件
町指定無形民俗文化財 19件
001 山国隊軍楽 京北町 動画
002 葛城神社曳山巡行 丹波市 動画
003 牧山の松明行事 日吉町 動画
004 胡麻日吉神社の馬駈け 日吉町 動画
005 熊野神社田楽 和知町 動画
006 後野の屋台行事 加悦町 動画
007 獅子舞 岩滝町 動画
008 八坂神社祭礼船屋台行事 伊根町 動画
009 新井崎神社祭礼芸能 伊根町 動画
010 七神社祭礼芸能 伊根町 動画
011 八坂神社祭礼芸能 伊根町 動画
012 上山神社祭礼芸能 伊根町 動画
013 野村区祭礼芸能 伊根町 動画
014 亀島の精霊船行事 伊根町 動画
015 宇良神社延年祭 伊根町 動画
016 蒲入の精霊船行事 伊根町 動画
017 河来見翁三番叟 伊根町 動画
018 三河内の曳山行事 野田川町 動画
019 石川・大命神社の笹ばやし 野田川町 動画
町選択無形民俗文化財 0件
村指定無形民俗文化財 0件
村選択無形民俗文化財 0件
無断転載を禁じます