福井県の指定・選択無形民俗文化財総数(指定・選択の重複あり) 調査中
国指定重要無形民俗文化財 5件 (資料更新日 2009年2月2日)
001 睦月神事(民俗芸能)
これは賀茂神社の氏子が初春に際してその年の豊穣を予祝して演じる田遊びの一種である。庭先に集合した一同は祭場になる民家まで行列し、家の中、米俵上に戸板を渡した舞台で、稚児による田楽踊、青年による田遊び、囃子(音頭)などが行なわれ、側には作りものの大扇が立てかけられる。
福井県丹生郡清水町大森の賀茂神社の祭のおり(四年目ごとの二月十四日)に行なわれる
002 水海の田楽能舞(民俗芸能)
「祝詞」では白式尉が祝言を述べて舞い、「あま」では黒式尉が田打から刈上げまでの予祝を行ない、鈴をもって舞う。すなわち、「あま」は「祝詞」のもどき芸であり、同様に「あまじゃんごこ」は「からすとび」のもどき芸として複演され、芸能史的に重要である。
公開日2月15日
今立郡池田町水海の鵜甘神社の二月十五日の祭礼に拝殿を舞台として舞われる。
003 敦賀西町の綱引き(風俗慣習)
綱引きに先立って当番の家で祭事があり、これが終わってから、年男二人が、エビスと大黒に扮して仮面・衣装をつけ、保存会の人々が隨行して「エビス勝った、大黒勝った、エー、エー、エー」と呼びながら町内を一巡する。一行が当番の家にさしかかった折を見計らってサギチョウタオシ(左義長倒し)がなされ、ほぼ町内の中央にさしかかると、軒下に吊り下げられていた引き綱が高く持ち上げられ、さっと路上におろされる。その瞬間に待機していた人々が東のエビス方と西の大黒方に分かれて綱の引き合いを開始する。
公開日 1月15日
現在では、前日の十四日に引き綱をうつ
十五日の午前中には道路脇にやぐらを組み午後の本番を待つ
004 越前万歳(民俗芸能)
万歳は新春に家々を訪れ祝言を述べる代表的祝福芸で、古くは千秋万歳【せんずまんざい】とよばれる芸能であった。 越前万歳は野大坪万歳ともよばれ、その起源は中世以前に遡るとの伝承もあるが、近世以降は福井、鯖江、勝山、大野といった越前の各藩をはじめ、加賀の金沢や大聖寺までも出かけ、北陸の初春を寿ぐ存在として親しまれ、金沢では、万歳師の宿に前田家の梅鉢の定紋をつけた提灯を立てることを許され、また福井では下駄ばきのまま門から御殿まで行くことを許されるなど、各地で格別の厚遇を受けていた。
公開日 1月1日
福井県武生市味真野町
005 糸崎の仏舞(民俗芸能)
糸崎の仏舞は、仏の面を着けた10人の舞手が、白い童子の面を着けた2人の幼児に見守られ、太鼓と鉦に合わせて舞うもので、今は行われなくなった舞楽の一演目をうかがわせるものである。
公開日 4月18日(隔年実施)
育王山龍華院糸崎寺観音堂(福井市糸崎町)の前の舞台
国選択無形民俗文化財 12件 (資料更新日 2009年2月2日)
001 宇波西神社の神事芸能(民俗芸能)
宇波西神社の祭に演じられる芸能で、王の舞、獅子舞、田楽で構成されている。王の舞は、海山、北庄、大藪、金山の各部落が交代で奉仕する。
公開日 4月8日
宇波西神社の四月八日の祭に演じられる芸能
002 和久里壬生狂言(民俗芸能)
地元で単に「壬生」と呼ばれているが、京都市の壬生寺で毎年四月に行われている『壬生狂言』が伝わったものと考えられる。鰐口と太鼓、笛の演奏にのせ、仮面を付けた演技者が、無言で身振り手振りで演じるもので、現在、三〇演目が伝承されている。
公開日 子と午の年の4月中旬
福井県小浜市和久里地区で、六年目ごとの四月中旬に、同地区の西方寺境内に舞台を仮設して演ぜられる
003 上中の六斎念仏(民俗芸能)
念仏踊の一種で、月の六斎日に念仏を修し、特に盆の供養念仏として演じられ、少年のたずさわる六斎念仏として地方的な特色の濃いものである。演技にたずさわる七、八歳から十五、六歳までの少年に、青年会(若衆組)に加入するための通過儀礼的な民俗のある点、芸能史の資料としても貴重である。
福井県遠敷郡上中町に伝承されるもので、盆の八月十三日、十四日に行なわれる
004 日向の綱引き行事風俗習慣)
水中の綱引きにはその年の厄年にあたる男たちが卒先して参加する慣わしで、海中から上がるとそのまま氏神へ裸参りをする。このような水中綱引きの例は珍しく、年占や豊漁を願う意識が伝えられているとともに、厄払いの一面があるなど、この綱引きはよく古態を留めている。
公開日 1月第3日曜日
この行事は、日向湖から発し若狭湾に注ぐ日向川河口で行なわれる。
005 国山の神事(民俗芸能) 公開日 1月3日(4年毎に実施)
福井市国山町
006 粟田部の蓬莱祀(風俗習慣)
近世においては、山車の巡行時には往来の通行は厳しく規制され、蓑笠を着けて見物することも許されなかったほど厳粛な行事であったと伝えられ、文政年間(一八一八〜三〇)には蓑笠の着用をめぐって福井藩も巻き込んだ騒動も起こっている。山車の一行は途中、氏子総代の家などを宿として休憩を取りながら各町内を練り歩き、最後に岡太神社に戻って曳き回しは終了となる。
山車の曳き回しを祝日の二月十一日に移し、十三日に岡太神社で餅の配布と直会を行う次第になり、現在に至っている。
二月十一日は、午前中に二つの会の男性たちが岡太神社に集まり、山車の組み立てと飾り付けを行う。午後1時頃から粟田部の地区内を賑やかに巡行する。
二月十三日は、地区の長老たちが岡太神社に集まり、山車上に飾り付けた串の餅が配られ、直会が行われる。
007 加茂神社のオイケモノ風俗習慣)
7種類のタネモノを木箱に収めて埋め、1年後に掘り出してその発芽状況をみて1年の農作物の豊凶を占う。また、烏帽子帳と呼ばれる加茂神社の氏子帳に記載された順に神事当番を務めることになっている。
一年間地中に埋めておいたタネモノの芽立ちで年の豊凶を占うという点で我が国の年占の行事を知る上で注目される。
公開日 毎年旧暦1月16日
加茂神社(小浜市加茂)で行われる年占の行事である
008 糸崎の仏舞(民俗芸能)
糸崎の仏舞は、仏の面を着けた10人の舞手が、白い童子の面を着けた2人の幼児に見守られ、太鼓と鉦に合わせて舞うもので、今は行われなくなった舞楽の一演目をうかがわせるものである。
公開日 4月18日(隔年実施)
育王山龍華院糸崎寺観音堂(福井市糸崎町)の前の舞台
009 若狭の産小屋習俗(風俗習慣)
010 水海の田楽能舞(民俗芸能)
「祝詞」では白式尉が祝言を述べて舞い、「あま」では黒式尉が田打から刈上げまでの予祝を行ない、鈴をもって舞う。すなわち、「あま」は「祝詞」のもどき芸であり、同様に「あまじゃんごこ」は「からすとび」のもどき芸として複演され、芸能史的に重要である。
今立郡池田町水海の鵜甘神社の二月十五日の祭礼に拝殿を舞台として舞われる。
011 睦月神事の芸能(民俗芸能)
これは賀茂神社の氏子が初春に際してその年の豊穣を予祝して演じる田遊びの一種である。庭先に集合した一同は祭場になる民家まで行列し、家の中、米俵上に戸板を渡した舞台で、稚児による田楽踊、青年による田遊び、囃子(音頭)などが行なわれ、側には作りものの大扇が立てかけられる。
福井県丹生郡清水町大森の賀茂神社の祭のおり(四年目ごとの二月十四日)に行なわれる
012 野大坪万歳(民俗芸能)
太鼓万歳と滑稽な笑いを中心とする話万歳を交互に演じるなど、その演出法は地方的特色の著しいものである。
福井県武生市味真野町に伝承される初春の祝福芸の一種で、一般には越前万歳とも呼ばれる。公開は正月年頭
県指定無形民俗文化財 49件
001 北潟古謡どっしゃどっしゃ 公開日 7月21〜2日、8月14〜15日
002 日向神楽 公開日 9月14、15日
003 表児の米 公開日 9月14日
004 舟寄踊
005 八田獅子舞
006 高浜七年祭 公開日 巳年と亥年の6月
007 花笠踊り
008 大瀧神社・岡太神社の春祭り 公開日 5月3〜5日
009 宇波西神社の神事芸能 公開日 4月8日
010 国津神社の神事 公開日 4月3日
011 シテナ踊 公開日 7月23日、8月13、14日
012 闇見神社例祭神事 公開日 4月5日
013 天満社例祭神事 公開日 4月2日
014 前川神社の例祭神事 公開日 4月14日
015 若狭能倉座の神事能 公開日 不定期
016 多由比神社の例祭神事 公開日 4月18日
017 雲浜獅子 一番町  5月2、3日
018 手杵祭 矢代 4月3日
019 和久里狂言 和久里  子と午の年の4月中旬
020 加茂神社上宮の神事 加茂  旧暦1月16日 動画
021 奈胡の六斎念仏 奈胡 8月14日 動画
022 小浜放生祭 小浜 9月14〜15日 動画
023 椎村神社の祭り 小浜市若狭 動画
024 奥窪谷の六斎念仏 小浜市西相生 動画
025 六斎念仏(三宅) 三宅 8月13〜15日 動画
026 六斎念仏(瓜生) 瓜生 8月13〜15日 動画
027 河原神社神事 上野木 3月最初の酉の日 動画
028 明神ばやし 織田 劔神社秋季例大祭で奉納 動画
029 本郷踊 公開日 9月14日 動画
030 六斎念仏(父子) 公開日 1月16日、8月14・15日 動画
031 六斎念仏(鹿野) 公開日 1月7日、8月14日 動画
032 大火勢 公開日 8月14・15日 動画
033 神子踊 公開日 8月14、15、16日、11月3日 動画
034 平家踊 公開日 8月3日、11月10日 動画
035 扇踊 中挟 動画
036 池田追分け 公開日 6月10日および盆 動画
037 太鼓踊 公開日 不定 動画
038 獅子舞 公開日 9月敬老の日の前日の日曜日 動画
039 八幡神社の彼岸祭 公開日 3月春分の日前後 動画
040 相撲甚句 公開日 9月15日 動画
041 野坂だのせ祭り 公開日 不定、(旧暦1月8日付近の日曜日) 動画
042 羽根曽踊 公開日 8月14、15日 動画
043 八坂神社の獅子舞 公開日 10月6、7日 動画
044 じじぐれ祭 公開日 5月5日 動画
045 王の舞 公開日 4月30日、5月1日 動画
046 精霊船送り 公開日 8月13〜15日 動画
047 馬鹿ばやし 公開日5月24日 動画
048 花山行事 公開日5月5日 動画
049 したんじょう行事 公開日5月5日 動画
県選択無形民俗文化財 0件
市指定無形民俗文化財 19件
001 長柄節 動画
002 勝山左義長 2月最終土日曜日 動画
003 滝波のお面さん祭り 3面、2月11日例祭 動画
004 谷のお面さん祭り 4面、2月16日例祭 動画
005 観音さまのおすすめ 2月20日例祭 動画
006 走りやんこ 4月13日実施 動画
007 椎村神社祭礼 毎年5月5日に祭礼 動画
008 奥窪谷の六斎念仏 毎年8月13,14,17日ほか 動画
009 三社の雨乞い踊り 牛ヶ原 動画
010 仕ぐさ踊り 芭蕉池 動画
011 松島さし踊り 松島町 動画
012 すてな踊り 動画
013 気比神社の春祭り・秋祭り 気比神社 動画
014 初午祭り 稲荷神社 動画
015 日野神社の古代神楽 日野神社 動画
016 太田新保の七夕行事 新保町 動画
017 大屋町の宮座 大屋町 動画
018 鷹巣夜網節 糸崎の仏舞終了後に歌われる。 動画
019 オシッサマのお渡り 毎年10月10日(渡御)〜11日(還御)実施 動画
市選択無形民俗文化財 0件
町指定無形民俗文化財 29件
001 舟寄踊 丸岡町、8月15日 動画
002 竹田じょんころ 丸岡町、8月15、16日 動画
003 お的射り 音海 動画
004 薬師のトウ 小和田 3年に1度、1月8日前後の日曜日に行われる 動画
005 御祈念 毎年2月23日前後の日曜日 動画
006 柴の実入れ 毎年2月11日に青海神社で行われる 動画
007 なんぼや踊り唄 安島、 動画
008 海女唄 米ケ脇、 動画
009 いざき 新保、 動画
010 三国節 三国町、 動画
011 火の太鼓 三国町、 動画
012 豊年踊り 三方町 動画
013 ねばりひき唄 瓜生地区    鳥羽地区 動画
014 祇園祭り 日笠 動画
015 王の舞 小原 動画
016 綱打ち神事 有田 動画
017 三宅の庄廻り地蔵 三宅、仮屋、市場 動画
018 玉置の庄廻り地蔵 日笠、神谷、天徳寺、井ノロ、兼田、武生、玉置 動画
019 田の神祭り・子供御輿 無悪、山内、長江、下吉田、他 動画
020 山おろし 毎年8月16日夜 動画
021 大本のみそぎ 毎年12月31日 動画
022 鵜甘神社の御田植祭、「ばいもしょ」 毎年2月13日 動画
023 八坂神社神事 動画
024 八坂神社神事付願人坊踊り 動画
025 糠のドッサリ 動画
026 甲楽城来いとさ 甲楽城 動画
027 早瀬子供歌舞伎 毎年5月5日 動画
028 彌美神社の例大祭 毎年5月1日 動画
029 早瀬日吉神社浜祭り 毎年1月3日 動画
町選択無形民俗文化財 0件
村指定無形民俗文化財 4件
001 糠のドッサリ 川野村 動画
002 甲楽城来いとさ 川野村 動画
003 稚児桜太鼓 小曽原 動画
004 虫鹿野六斉念仏 動画
村選択無形民俗文化財 0件
botan
無断転載を禁じます