日本の文化財の体系

 区        分  種           別 種           類
有形文化財
(建造物・美寿逸工芸品→絵画・彫刻・工芸品・書跡・典籍・古文書・考古資料・歴史資料)
国指定   国宝 
(特に価値が高いもの)
重要文化財
(重要なもの)
国登録  登録有形文化財
(保存と活用がとくに必要なもの)
都道府県指定 都道府県指定有形文化財
市区町村指定   市区町村指定有形文化財 
 無形文化財
(演劇・音楽・工芸技術等)  
国指定  重要無形文化財 
都道府県指定 都道府県指定無形文化財 
市区町村指定  市区町村指定無形文化財
民俗文化財

有形民俗文化財 →無形の民俗文化財に用いられる衣服・器具・家屋等

無形民俗文化財 →衣食住・生業・信仰・年中行事等に関する風俗慣習・民俗芸能・民俗技術     
有形    国指定  重要有形民俗文化財 
国登録  登録有形民俗文化財
(保存と活用がとくに必要なもの) 
都道府県指定  都道府県指定有形民俗文化財
市区町村指定  市区町村指定有形民俗文化財 
無形  国指定  重要無形民俗文化財 
国選択  選択無形民俗文化財
 (保存と活用がとくに必要なもの)  
都道府県指定   都道府県指定無形民俗文化財 
都道府県選択  都道府県選択無形民俗文化財 
市区町村指定  市区町村指定無形民俗文化財 
市区町村選択 市区町村選択無形民俗文化財 
記念物

遺跡→貝塚・古墳・都城跡・城跡・旧宅等

名勝地→庭園・橋梁・峡谷・海浜・山岳等

動物・植物・地質鉱物
            
史跡     国指定   特別史跡 
国指定史跡 
国登録  登録史跡
(保存と活用がとくに必要なもの)  
都道府県指定  都道府県指定史跡 
市区町村指定  市区町村指定史跡 
名勝     国指定   特別名勝 
国指定名勝 
国登録  登録名勝
 (保存と活用がとくに必要なもの) 
都道府県指定  都道府県指定名勝 
市区町村指定  市区町村指定名勝 
天然記念物     国指定   特別天然記念物 
国指定天然記念物  
国登録  登録天然記念物
(保存と活用がとくに必要なもの)  
都道府県指定  都道府県指定天然記念物 
市区町村指定  市区町村指定天然記念物 
文化的景観
地域における人々の生活または生業及び当該地域の風土により形成された景観地
例:棚田・里山・用水路等 
 国選定 重要文化的景観  
伝統的建造物群
宿場町・城下町・農漁村等
国選定  重要伝統的建造物群保存地区 
市区町村決定  伝統的建造物群保存地区 
文化財保存技術
文化財の保存に必要な材料制作、修理・修復の技術等 
国選定   選定保存技術 
埋蔵文化財
土地に埋蔵されている文化財 
  


民俗芸能とは

古代より人あるところに必ず祭事はあった。自然の猛威(日照り、少雨、多雨、疫病、虫害、冷害など)の前には、人

は無力であるが故に神仏に頼るより(現代においても、人は科学の力ではどうにもならない事象には、神仏にすがるこ

とも多々あるのは事実ではあるが)術は無かった。

日々の平和で順調な生活を保とうとする願いは、神仏への祈りとなり祭りとなったのである。

「芸」とは「わざ」のことである。この「わざ」は、人々がその願いを叶えてもらおうと、神霊を招いたり、神霊に刺

激を与えたり、神霊を鎮めたりした。その為に考えられたものである。

このように民俗芸能は、深く信仰に根ざしている。

民俗芸能は、非日常的な状況のもとで、語ったり動作をしたりして、その身ぶり手ぶりに一定の形式が出来上がり、こ

れを見ている人々にも感動をあたえる工夫をこらしたものである。

これらがくり返し伝承されていく過程で、ある民俗芸能(神楽等)では才能を備えた芸達者や専門家に委ねられていく

事が歴史的変遷の中に生じてきた。これらの者が行うほうがより強い感動を人々に与えるからである。

本来、何人も神々の「わざ」をまねる技能を持っていたにもかかわらず、次第に演者と観客の立場に分かれるに至った

のである。民俗芸能は祭りや年中行事などの「ハレ」の日に行われるのを常とする。古来、農耕生産を生活の基礎とし

ていたわが国は、特に稲作を中心とし祭りと民俗芸能は密接に結びついた。

例えば、正月は当年の豊作を予め祝福して祈願する予祝的な芸能が多い。夏は田植えや、雨乞いなどが多いが、この時

期は疫病の発生や流行ともつながり疫紳祭りに関する民俗芸能も見逃せない。秋は収穫感謝の祭りに伴う芸能が、冬は

穢れをはらって身を清め、魂の復活をはかる神楽などの民俗芸能が多い。

このように四季の折り目折り目に毎年繰り返して行われる民俗芸能は、農耕生産と結んで日本人の季節感にも大きな影

響を与えている。

ところで、日本各地の民俗芸能を支えているのは、ほとんどが青年層である。昔は村に生まれた青年が、芸能に参加す

る資格を得て始めて一人前の男性として地域社会に認められるということが多かった。

民俗芸能の習得と伝承は、青年宿等において寝食を共にしてなされる先輩から後輩への一種の社会教育的試練の場であ

った。芸能は集団を融和させるとともに、集団の社会教育にも大きな役割を果たしてきたのである。

しかし、今日の科学の発展は人々の価値観を大きく変えた。人々の神仏に対する信仰心は薄れてしまった。また、青年

の民俗芸能離れがすすみ、かっては女人禁制であった民俗芸能も存続のためには止むを得ないこととして、積極的に女

性にも参加を呼びかけている。

民俗芸能の種類

民俗芸能は概ね5種類(神楽系統、田楽系統、風流系統、外来系統、祝福芸系統)に区別される。以下に順に説明する

[神楽系統] 

神楽は神座(かむくら)が語源だとされる。すなわち神聖な場所に神座を設けて神をお迎えし、その前で「清め・祓い

鎮魂」をして、人間の生命力の復活をはかり、長寿を祈る芸能を行うものである。

採物(とりもの)神楽(出雲系神楽)

舞人が手に鈴・扇・榊・剣・弓・幣などの採物を持って舞う神楽のこと。岩戸神楽・神代神楽・太々神楽などで全国的

に分布する。出雲の佐陀神社の御座替神事における七座の採物舞と神能に代表されるので出雲系神楽と分類されること

あり

湯立(ゆだて)神楽(伊勢系神楽)

神座の近くに釜で湯をたぎらせ、その湯を神々に献じるとともに、人々にふりかける事により、穢れを祓い清め、魂の

再生をはかる神楽のこと。この神楽は旧暦の11月(霜月)に行われたことから霜月神楽とも言う。

また伊勢神宮では古くから巫女が湯立神楽を行った(現在は廃絶)が、それが各地の神楽に影響を与えた。この湯立を

主とする神楽の系統を伊勢系神楽とも言う。

獅子(しし)神楽

獅子頭をご神体として、村々を訪れて獅子舞を舞い、悪魔祓い・火伏せ・息災延命などを祈祷する神楽のこと。

奥羽地方の山伏神楽・番楽、伊勢の太神楽などがこれに属する。

巫女(みこ)神楽


巫女が鈴と扇または榊の枝を持って舞う神楽。全国各地の神社で行われている。

[田楽系統]

五穀豊穣を祈願して行う田に関する芸能である。

田遊び(たあそび)

正月に一年の田づくりの全作業やその一部を歌と身振りで物まねし、当年の豊作を祈願する予祝的な芸能。御田・春田

打・春鍬などとも言う。

田植踊り(たうえおどり)

花笠をつけ美しく着飾った早乙女たちが、農作業の様子や田植えのさまを演じる。エンブリ・早乙女踊りとも言う。東

北地方に広く分布している。

田植神事(たうえしんじ)

田植え歌や歌舞芸能に囃されて、実際に田に苗を植えたり、その真似をしたりしながら豊作を祈る。

田楽躍(でんがくおどり)

この田楽躍は中国から入ってきた芸能の1つである。豊年予祝や悪霊退散の意味がわが国の祭礼と結合し、各地に伝わ

っていった芸能である。

[風流系統]

風流とは雅やかなもの、風情があるものという意味である。中世以降は、意匠を凝らした作り物や、きらびやかに飾っ

た練り物、さまざまな仮装行列・お囃子、華やかな集団的な舞踏などをさすようになった。

念仏踊り(ねんぶつおどり)

お盆や仏事などに死者や祖先の霊を供養するための踊りであって、念仏や和讃などを唱えながら踊る。これに種々の芸

能が加味されていることが多い。

盆踊り(ぼんおどり)

主に盂蘭盆時に踊る集団舞踏である。盆に帰ってきた精霊を慰めるために老若男女を問わず踊られる。

太鼓踊り(たいこおどり)

背に幣束などを負い、腹に太鼓や鞨鼓をつけてこれを打ちならしながら踊る。

獅子舞(ししまい)・鹿踊り(ししおどり)

腹に鞨鼓をつけた一人立ちの獅子が数頭出て、歌にあわせて鞨鼓を打ちながら舞う。関東は一人立ち三匹獅子舞が多い

頭に被くものは獅子、鹿、猪、竜などがある。

小歌踊り(こうたおどり)

小歌にあわせて大勢が輪になったり列になったりして踊る。

仮装風流(かそうふりゅう)

虎・蛇・狐・鶴・鷺などの動物に仮装して踊ったり、仮面をつけて行列するものがある。

棒踊り(ぼうおどり)

悪霊退散の意味を込めて棒を打ち合わせて踊る。

[外来系統]

6,7世紀中国から渡来した伎楽・舞楽・散楽などの芸能とその影響を受けた芸能を言う。

舞楽(ぶがく)

舞楽は、奈良・平安時代に宮廷の儀式や大社寺の祭りに行われていた。これが各地に広まり今日でもお社寺の祭礼に行

われている。

二十五菩薩来迎会(にじゅうぼさつらいごうえ)

西方浄土から観音・勢至以下の菩薩が来迎して衆生を極楽浄土に導くという信仰を、二十五菩薩の仮面をつけた善男善

女の行道で具体的に見せる。

延年(えんねん)

延年とは長寿を願うことであり、平安から鎌倉・室町時代にかけて寺院で催された法会の後の芸能大会的なもの。猿楽

団楽・風流・舞楽など当時の芸能が取り込まれている。

能・狂言(のう・きょうげん)

能は室町時代、観阿弥・世阿弥の父子によって大成された歌舞劇である。これは猿楽が発展したものであり田楽ととも

に中世の代表的な芸能であった。現在でも祭礼芸能として全国的に伝承されている。狂言は能の合間に演ぜられる芸能

人形芝居(にんぎょうしばい)

わが国には、人形がご神体である信仰的な人形から、演劇に用いられる文楽人形まで多種多様の人形が存在する。

山車人形、からくり人形、車人形、糸繰り人形、指人形、串人形、灯篭人形などが全国的に分布し伝承されている。

人形浄瑠璃は代表的な芸能であるが、新潟県や石川県では、これとはまったく異なる説教節や文弥節などで、のろま人

形や文弥人形も芝居をする。

歌舞伎(かぶき)

土地のものが演じる素人の歌舞伎芝で地狂言、村芝居とも言う。幕末から明治にかけては全国的に流行したが現在は衰

退が甚だしい。

[祝福芸系統]

言葉には魂があり、めでたい言葉を言って祝福すれば、そのとおりの幸福が得られるという言霊信仰から生まれた芸能

万歳(まんざい)

鎌倉・室町時代には千秋万歳とよばれ、唱門師が宮中や諸家に参賀して、祝言や歌舞を舞った。

今日では三河万歳、尾張万歳、越前万歳、秋田万歳、伊予万歳などが伝えられている。

春駒(はるこま)

木製の馬の首を手に持ったり、馬の首を腰につけ馬にまたがったようなかっこうをして、正月の家々を回って祝言を唱

える芸能。

七福神(しちふくじん)

大黒天、蛭子、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人、布袋(七福神)に扮したものが、正月や小正月に家々を回って祝

言を唱える芸能。

松囃子(まつばやし)

室町時代に隆盛であった正月の祝福芸能であったが現在は九州地方にわずか残るのみである。


(注)これら予祝芸は、家の門口に立って行う芸であるから門付芸とも言う。この芸は門口ごとに神が訪れて祝福すると

いう民間信仰に根ざしており、門ごとに金銭をもらう事から乞食芸とも言われた。その後も多くの門付芸(大黒舞、鳥

追い、夷舞、獅子舞など)が生まれたが今ではほとんどが姿を消してしまった。

子供の頃、正月に獅子舞が家々を回ってきて、頭をガブリとされる怖さから、みんなでキイーキイー言って逃げ回った

あの子供の頃に体験した風情が郷里ではなくなってしまったことを、とても残念がるのは私だけではあるまい。

神奈川県大和市の福田神社囃子獅子舞は、この獅子舞の門付芸をよく伝承している。1月2日、3日に福田神社周辺

の民家を門付して回る。保存団体の皆様の伝承活動に敬意を表す。                        



NPO法人
無形民俗文化財アーカイブズ

〒830-0061
福岡県久留米市津福今町292番地1市営団地3棟8号

TEL 0942-38-8178
FAX 0942-38-8178