<NIA活動内容>


 日本の無形民俗文化財は、何百年も前から脈々と継承され、その精神面においては神仏の信仰と深く結びつき、物質面に

おいては笛・太鼓・鉦・笙・三味線・法螺などの和楽器の緩急なる音色によって人心を活気づける。

また、法被・踊り衣装などの装身具なども素晴らしく、絢爛豪華な山車の神幸など、非日常の「ハレ」の日を、その世々の

最大のもので盛大に行うというものである。

その内容は、世界的に見ても素晴らしく、とても文化的価値が高い。

しかしながら、これら民俗文化遺産は、少子化や高齢化に伴う後継者不足等によって活動中止のものも多々あり、中には

廃絶したものもある。

無形民俗文化財は国の宝である。私たちはこれらを守っていかなければなりません。

行政も文化財の保護など行ってはいるが、やはり保存団体を下から押し上げる民間の力の必要性を感じる。

そのため、NPO法人無形民俗文化財アーカオブズ(略称NIA)は、次のような活動を行っている。



(1)全国に約8000件もある無形民俗文化財のビデオ撮影(九州8県より再スタート中)事業

(2)上記のビデオ編集とYouTube及び当法人のHPへのアップ事業

(3)上記の写真撮影事業

(4)上記の公開日や文化財の内容の取材、およびWEBによる広報事業

(5)無形民俗文化財の宿泊型体験事業(外国人も可)

(6)無形民俗文化財の出版事業

(7)アジア諸国(中国・韓国・タイ・ベトナム・インド・・・)の無形民俗文化財の取材事業

(8)その他の関連事業


<(5)~(8)は計画中の事業です>
    
<募集要綱>

当NPOは収益活動を行っておりません。したがって、諸事業はボランテイアの方々のご協力によって行っております。

ビデオ撮影等をボランテイアでしていただける方がおられましたら是非ともご協力をお願いいたします。


(1)九州8県のいずれかにお住まいの方

(2)定年退職をされておられる方で、社会貢献活動を希望されておられる方

(3)ビデオカメラや三脚等を所有されておられる方

(4)移動手段(車やバイク)をお持ちの方


<経験の有無を問いません。必要に応じて撮影指導を行います。>


<応募方法>


info@nponia.com にお問い合わせのメールをください


2011年度 共助社会づくり福岡県知事奨励賞受賞


    

九州8県の民俗文化財取材車両 NIA九州号